記事の詳細

Buen trabajo! 守備の場面ではボールには必ず一人寄せること。寄せるのが遅れたり、誰も寄せなかったりということがおこれば必ずピンチになるでしょう。 なぜなら相手に自由を与え、相手はなんでもできてしまうからです。誰が行くのか周りに声を掛けること、または自分の判断で行くことが大事。 一番危ないのはボールを持っている選手です。また、ボールを見過ぎてマークを見えていないことが多いです。ゴール側(内側)からマークをしボールとマークを同一視野(両方見える位置に立つ)におくことは鉄則です! Vamos!!



この記事の続きは会員のみ公開しています。
会員の方はログインしてください。
新規会員登録は以下のフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
パスワードをお忘れですか? パスワードリセット
はじめての方はこちら 新規ユーザー登録
新規ユーザー登録
*必須項目

関連記事

ページ上部へ戻る