記事の詳細

Buen trabajo!
練習時からもっと激しく守備をやって下さい。簡単すぎて攻撃の練習にならない。練習から激しいプレッシングになれていれば慌てることなどないはずです。戦ってる相手にそういう優しさはいらない、むしろ一生懸命している相手に手を抜いた守備は失礼です!
自分たちで厳しい環境をつくり練習に励んでください! 身のある練習にするも、何も得られない練習にするも君たち次第です。

Vamos!



この記事の続きは会員のみ公開しています。
会員の方はログインしてください。
新規会員登録は以下のフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
パスワードをお忘れですか? パスワードリセット
はじめての方はこちら 新規ユーザー登録
新規ユーザー登録
*必須項目

関連記事

ページ上部へ戻る