記事の詳細

Buen trabajo!
抜くときの相手との「間合い」を意識する必要があります。近すぎても相手に引っかかる、遠すぎてもフェイントが引っかからない。その抜く時の「間合い」は人によって違うので人から教わるものではありません。自分で試行錯誤して「間合い」をつかんでください。

 

Vamos!!



この記事の続きは会員のみ公開しています。
会員の方はログインしてください。
新規会員登録は以下のフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  
パスワードをお忘れですか? パスワードリセット
はじめての方はこちら 新規ユーザー登録
新規ユーザー登録
*必須項目

関連記事

ページ上部へ戻る